Category: Access/Excel
Posted by: Newsbit
----------------------------
Accessを使えば効率が良くなる
----------------------------

データベースは、「データの入れ物」というイメージを持っている方が以外に多く、データベースを使ってデータを管理している場合でもデータを実際に利用(活用)する段になると普段使い慣れている表計算ソフトExcelの出番となることが多いようです。

具体的には、データベースからCSV形式でデータを出力し、それをExcelに読み込んで、加工し、表やグラフを作成、各種レポート(書類・資料など)を出力するといった使い方です。

また、データベースを使わずにデータの管理自体もExcelで行っていて業務上、特に困っていないという場合もあります。

しかし、Excelが適している場合もありますので一概には言えませんが、多くの場合Accessでデータベースを構築することで、より効率的な処理ができるようになります。

Excelを使っている方の多くは、Excelで十分と考えているか、Excelを使わずAccessだけで同等以上のことが簡単にできることを知らないか、知っていてもAccessにそうした機能を持たせるためには相当な費用がかかると考えていているようです。


--------------------
ExcelとAccessの違い
--------------------

Excelを使っている方から、「ExcelとAccessの違い」に関して質問を受ける場合があります。

しかし、表計算とデータベースは、データをどのように保持し扱うかという根本的な部分が異なりますので、技術的な面では大きく異なりますが、機能面での明確な違いはそれほどありません。

つまり、「何ができるか?」という質問では、ExcelもAccessもそれぞれのソフトの機能とVBA(ExcelやAccessの機能を拡張を施すためのマクロ言語として開発されたプログラミング言語)を駆使すれば大概のことはできるのです。

肝心なことは、どちらが適しているかということで、当然のことですが、適しているものを使えば効率的になるのです。


---------------------------------------------------
ラーメンを「箸」と「フォーク」どちらで食べるか?
---------------------------------------------------

例えば、箸とフォークは、いずれも食べるための道具で、食べやすいかどうかを別とすればどちらでもラーメンを食べることは出来ます。
しかし、普通に考えれば多くの日本人は箸で食べたほうが食べやすいはずですし、箸を使ったことがない外国人ではフォークで食べたほうが食べやすいということになります。

このことから、箸かフォークを選択する際には、食べるものが「ラーメン」ということ、そして、箸とフォークのどちらをより「使いこなせるか」という点について判断していることになります。

この「ラーメン」にあたる部分は、どんな業務や処理なのかということですし、「使いこなせるか」というのは、ExcelやAccessの機能をどこまで使いこなせるかということになります。


---------------------------------------
「Access」と「専門家(プログラマー)」
---------------------------------------

企業の顧客データや売り上げデータなどデータをある期間蓄積しておいてそれを利用して処理するような業務の場合は、ほとんどの場合はAccessに向いているといえます。

また、先に述べた様に「ExcelもAccessも・・・大概のことはできる」のですが、「使いこなせれば」という条件が付きます。
一般的に、Excelはユーザーが自ら工夫し使うので専門家に開発を依頼することが少ないソフトだと思います。
それに対してAccessは、簡単なものはユーザー自身でも作れますが、Excelに比べればハードルが高く、途中まで作ってギブアップという状態になりやすいソフトです。

Excelは一般の方でもある程度のことができますので、一見使いこなしているようですが、専門家(プログラマー)がVBAなどを駆使して使いこなすレベルとはどうしても違いが出てくるのです。

つまり、先の例で「箸」と「日本人」の組み合わせは、「Access」と「専門家(プログラマー)」ということになり、Accessの機能をフルに活用し専門家(プログラマー)がデータベースを構築した方が一般的にExcelの場合より良い結果となるのです。
なぜ、本や雑誌、紙の資料で当たりまえのページ番号がホームページでは使われていないのか?
そうした疑問を感じたことはないでしょうか?
今回は、ホームページでページ番号を使うと非常に便利になるというレポートです。


先ず、弊社メインサイト(http://www.newsbit.co.jp)にアクセスして、画面に右上にあるW3Nの入力ボックスに 840 と入力して[GO]ボタンをクリックしてください。

弊社ソフトウェアのBitMailPROのページが表示されると思います。
次に、何も入力せずに[GO]をクリックすると、現在のページ数が表示されます。
W3Nの入力ボックスに 1 と入力して[GO]ボタンをクリックすれば、トップページに戻ります。

つまり、パンフレット等の紙媒体でBitMailPROのページをPRしたいときは、BitMailPROのページのURL(http://www.newsbit.co.jp/software/bmp/index.html)やQRコードを紙面に掲載することになりますが、W3Naviを導入すればニュースビット(http://www.newsbit.co.jp)の840ページとPRすればいいことになります。
ニュースビットのURLは、検索エンジンでも簡単にアクセスできますので、最低840ページを覚えてもらえばいいのです。

ページ番号があると便利だから既存のメディアには使われているわけで、ホームページでもページ番号を使うと非常に便利になるわけです。

1.クロスメディアマーケティングに有効
特にテレビやラジオを利用したクロスメディアマーケティングには最適です。
たとえば、テレビのテロップでURLを表示している場合がありますが、目的のページの多くは階層が深いところにあるため非常に長いURLとなってしまい録画している場合は別としてとても覚えられるものではありません。
ラジオにいたっては、音だけですし、何かをしながら聞いている状況を想定するとよほど簡単なURLでない限り記憶しておくのは難しいでしょう。
その点、W3Naviであれば、メインのホームページURLとページ番号だけ覚えておけば事足りますし、企業名が分かっていればホームページURLが分からなくても検索すればホームページにはアクセスできますので、ページ番号さえしっかり覚えておけば非常に簡単に目的のページにアクセスできます。

2.ホームページが口コミで伝えられる
たとえば「□□□□□という会社の○○番のページが・・・・」というように口頭でもホームページが伝えやすくなるので、口コミを活用した宣伝に利用することができます。

3.ホームページを見ているお客様からの電話対応がスムーズになる
お客様の現在位置の確認がスムーズになり、ダイレクトに目的のページに案内できるため顧客サービスの向上につながると同時に業務効率の向上にもなります。


ページ番号を活用すれば、QRコードも上手く組み合わせることで、巧みにホームページへ誘導することができるようになりますので、是非お試しください。


ホームページでページ番号を利用するためのサービスは、下記サイトをご覧ください。
W3Navi(ダブリュースリーナビ)
http://w3navi.com/
ホームページのアクセス向上についてのレポートをまとめてみました。
アクセス向上は、誰もが望んでいると思いますが、参考にしていただければ幸いです。


ホームページのアクセス向上(1)
http://www.newsbit.info/015.html


ホームページのアクセス向上(2)
http://www.newsbit.info/016.html
バイラルマーケティングに関する記事を追加しましたので、是非ご覧ください。

■バイラルマーケティングの記事
http://www.newsbit.info/viral_marketing.html
個人情報を扱うデータベースは、漏洩という最悪の事態は避けなければなりません。
しかし、そのデータベースにアクセス可能な人間がいる限り、悪意をもって持ち出そうとした場合それを防ぐことは非常に難しいといえます。
つまり、絶対に漏洩しないという状態を作りだすことは難しいわけで、漏洩した時のことも考えておく必要があるということになります。

そこで今回は、万が一漏洩したときのために比較的簡単にできる安全策をご紹介します。

個人情報を含むデータベースは、簡単に言えば個人を特定できる状態で様々な情報が管理されているから利用価値があるわけです。
しかし、それがその状態のまま外部に漏洩してしまった時には利用価値があるだけに大きな問題となります。

これを解決するには…


続きはhttp://www.newsbit.info/014.htmlをご覧下さい