先日、某有名病院に行った時に気になったことがあった。
この病院は、受付や会計まで機械化が進んでいて、受付も診察券(カード)を銀行のATMのような機械に入れるだけで受付が完了するという優れものである。

しかし、いくつか気になる点がある。

受付のマシンが何台か並んでいて、診察券を入れた後に何科の何先生にかかるのかが画面に表示されるのだが、それが後ろの人に丸見えなのである。後ろや隣のマシンに誰も居なければ、別に問題は無いのだが、人が居る時は病気によっては気になる場合もあると思う。

そして、もっと気になるのがその後出てくる受付票である。
受付票には、患者の識別番号、氏名(漢字でフルネーム)、生年月日、年齢、性別、何科の何先生、診察予約時間などの個人情報の重要な内容が記載されている。

うっかり落としてしまったりすると、個人情報が意図せず
漏洩してしまうことになるのです。

ここで問題になるのは、なぜ落としたりする可能性のある受付票に重要な情報を表示しなければならないのかということです。
病院の中は、コンピューターで管理されているので(多分)、患者の識別番号が分かればなんとかなるだろうし、患者の必要な情報は、何科に何時に行けばいいかということだけでしょう。
生年月日や性別フルネームなどが受付票に記載されている必然性がないと思うのです。

データベースの管理だけでなく、必要の無い情報(無くても何とかなる)が紙に出力されて、それが漏洩する危険性も検討してもらいたいものです。