インターネットマーケティングニュース(IMN)

バイラルマーケティングなどのマーケティングに関する実践的な情報サイトです。ホームページのアクセスを増やし売上を向上させるために何をすべきなのか。そのヒントになる情報が満載です。








   
W3Navi サイトナビゲーション




    これまでの記事
AccessとExcelの話
バイラルマーケティング
データベースのセキュリティ(1)
迷惑メール対策(その2)
迷惑メール対策(その1)
緊急連絡網のメール利用
個人情報漏洩とデータベース
個人情報保護法
単純で分かりやすいことの大切さ
比較検討に勝つためのポイント
良い顧客を見分ける
問い合わせやクレームへの対応
商品を早く届けること
顧客情報の集め方
データベースの役割
データベースに情報を蓄積する
データの分析
データの活用
フォームの活用
Eメールの活用
SPAMメール
オプトインメール
パーソナライズとは
顧客タイプの分類
カタログは紙媒体の方が便利
価格設定
サイバー広告
代金の決済
顧客情報の管理
検索エンジンへの登録
メールマガジンの発行
ホームページの構成を考える
懸賞サイトの利用
新聞雑誌に記事を書いてもらう
掲示板に投稿する
アフィリエイト・プログラム
アンケートの実施
既存の顧客から紹介してもらう
アクセス向上総集編
個人情報保護法
 
管理・運営について
当サイトの管理・運営は
ニュースビット株式会社がおこなっています。

関連サイト
業務効率化の助っ人
Access・Excel・Bitシリーズ有効活用
 
 
Accessを使用したデータベースの
専門サイト
 
 
受注メールをローカルで一元管理
 
 

ホームページのアクセス向上(2)

お世話になっております。
前回は、ホームページのアクセス向上について利用するメディアとその特徴について説明しましたが、今回は、ホームページにアクセスしてもらう第一段階と、トップページから目的のページまで誘導する第二段階の両方をいかに実現するかについて説明します。

前回、ホームページのアクセス向上(1)としてインターネット系以外のメディアを利用したホームページのアクセス向上について説明しましたが、ポイントをまとめると次のようになります。

1.URLの直接入力やQRコードで直接アクセスしてもらう方法はハードルが高い。
2.直接ではなく検索エンジンを介してアクセスしてもらう方が簡単。
3.検索エンジンを介す方法は、口コミでも有効。
4.検索エンジンを介す方法で注意しなければならないのは、主要な検索エンジンすべてで一番にする必要があること、SEOのコストが必要な場合があること、キーワードジャックの危険をはらんでいることです。
5.トップページから目的のページまで誘導することが重要。

 

さて、ホームページのアクセス向上は、単にアクセス数が増えれば良いというものでもありません。 最初にアクセスしたページを覘いただけで他のページにアクセスせずに帰ってしまう場合やホームページへの滞在時間が短い場合は、いくらアクセス数が多くても喜ぶことはできません。 大切なのは見てほしいページにしっかりアクセスしもらうことで、その点について説明の必要はないでしょう。
 

せっかく、SEOの努力をして、第一段階のアクセスまで漕ぎつけたわけですから、そのアクセスを無駄にしない工夫をしなければなりません。 では、どのようにすればいいのでしょうか? 抽象的な言い方になるかもしれませんが、次の3点が重要です。

1.分かり易いこと
2.きちんとした会社のイメージ
3.比較検討に勝てる特徴

 


つまり、アクセスする直前までに見た他社のホームページに勝つ必要があるのです。
分かりにくいと判断されればそれで終わりですし、会社のイメージで劣ることもマイナスです。
そしてなにより、特徴がひと目でわかるようにしておかなくては駄目なのです。

じっくり読めはわかるというのは駄目で、パッと見て興味をもてるかどうかが大切になります。
比較検討に勝つためのポイントは、別レポートがありますので、そちらをご覧ください。


そして、とりあえず「もう少し見てみよう」という気持ちにさせたら、次は、目的のページまでの誘導です。
ページ数が多く、迷路ゲームのようになっていては話になりませんが、たとえわかり易くても、何ページもページを渡り歩かなければ目的のページにたどり着けないのは大きなマイナス要因です。

 

重要なことは、アクセスしてきた人の立場になったサイト構成になっているかということです。
アクセスしてきた人は、サイト全体を見たいわけではなく、自身の目的のページを見たいだけなのです。
そのため、ホームページを公開する側の立場ではなくアクセスした人の立場でサイトを構成することが大前提となるのです。


具体的には、トップページに目的のページのリンクがあればそれほど問題はないのですが、問題はリンクがない場合です。
ホームページのデザインやスペースなど様々な理由でリンクを用意できない場合もあると思いますが、そのままでは、せっかくのアクセスの多くを無駄にすることになります。
まずは、アクセスのきっかけとなった媒体にトップページから目的のページまでのアクセス順を記載しておくなどの工夫をする必要があるでしょう。


そして、目的のページまでの誘導に本や雑誌などではあたりまえのページ番号を利用する
W3Navi(World Wide Web Navigation)ホームページに設置しておくという方法もあります。
W3Naviは、ページ番号を利用してページ間を自在に移動することができる仕組みで、トップページはもちろん他のどのページからでも、目的のページに直接アクセスできるようになります。


媒体にアクセス順を記載する代わりにページ番号を記載しておけば誰でも簡単に目的ページにアクセスできるようになります。
さらにページ番号は、簡単に記憶できますし、口コミでも伝えられるというメリットもあります。

いづれにしても、SEOで自社サイトのアクセスを増やすことと並行して目的のページまで確実に誘導する方法を用意しておくことが非常に重要なことなのです。

 

ニュースビットでは、MS-Accessで簡単な顧客管理データベースから複雑な業務管理システムまで様々な開発を行っています。一般的に専用データベースを開発すると費用も時間も相当なものになりますが、弊社では可能な限り低コストで短期間に開発することを心がけています。

  Access-db.com
 
 
業務支援ソフト    

 ・ お問い合わせ等のメールを自動で‘一括取り込み’できます
 ・ データベースからメールやメールマガジンを一括送信したいなら
 ・ 宛先不明等で戻ってくるリターンメールの処理に困ったら
 ・ お客様の購入データから‘よいお客様’を見分けるなら

   他にも使い道いろいろ業務効率化ソフトウェアBitシリーズ

>>>
>>>
>>>
>>>
BitplusPRO 【データベース自動入力受信専用メーラー】
BitMailPRO 【データベース連動一括送信メーラー】
BitSearch 【リターンメールのアドレス抽出ソフト】
BitRFM 【RFM分析ソフト】
   

新たな記事が追加されたり更新された場合などメールにてご案内させていただきますので、是非下記よりご登録ください。
 メールアドレスの登録はこちらから
   







Copyright©2008 Newsbit co.,ltd.All Rights Reserved.